トップページへ現在のかごの中
商品詳細
商品ジャンル一覧 > ジャンル「モネット シカゴモデル」商品一覧 > 商品詳細「ヴィンテージTpマウスピース  C1 21シカゴモデル 」

1985年〜87年の間にシカゴにあった工房で製作された初期のモネットマウスピースです。
現在のオレゴン州ポートランドに移転する前のモデルは「シカゴモデル」と呼ばれ楽器とともに大変人気があります。
刻印はMONETTE C1 21です。
バックなどノーマルな楽器を想定して製作されているため現行のモネットよりコントロールが楽なミディアムヘビータイプです。
内径がバック1-1/4Cに近いサイズでモネットの中でも人気のあるモデルです。
モネット氏のピッチセンター理論によりバックやモネットBb管用などより
全長が少し短い(78.00mm)のC管用です。

リム内径サイズは現行バック1Cよりやや小さめです。
バック1Cよりフラットでやや厚めです。
そのためリム外径サイズはシルキー20くらいに感じます。
カップはボウル状で深さはバックCよりやや深めです。
カップからボアにつながるショルダー部分のエッジがはっきりしています。
全長が短く全体のバランスをとっているので低音〜高音で楽器の吹く角度を上〜下にして補正する必要がなくなります。
スロートは#21(4.04mm)くらいです。
バックボアはワーバートン12くらいです。
シャンクエンドの厚みが0.5mmくらいでうすめです。

フルボリュームで吹いても柔らかいサウンドを保つことができるようにデザインされています。
やさしく吹くと包み込むようなエアリーなサウンドです。
息の入りがよくローからハイまで音のつぼをとらえやすくコントロールが楽なデザインです。
現行のモネットよりふくよか響きがします。
オーケストラプレイヤーにおすすめのマウスピースです。

リム、ボディー、シャンク、シャンクエンドにへこみ、小さなキズ、スリキズがあります。
リム、ボディーの金メッキがうすくなり下地の銀メッキとなっている部分があります。
演奏に支障のあるような大きなキズ、へこみなどありません。
画像のチェックをお願いいたします。
吹かないマウスピースなど下取りも行なっています。
ご利用の場合は購入手続きの際に「下取り購入」を選択ください。
アドルフ・ハーセス

シカゴモデルを演奏するウィントン・マルサリス

D872b.jpg
D872c.jpg
D872d.jpg

[商品番号] D872
モネット
ヴィンテージTpマウスピース  C1 21シカゴモデル
通常価格 OPEN円
販売価格 36,800円
消費税込 / 送料別

残り 1


ページの先頭へ

[ご注意]
あなたのブラウザの設定では Cookie (クッキー) が無効になっているため、「買い物かご」を使うことができません。ブラウザの設定で Cookie を受け付けられるようにしてください。設定後、このページを1回か2回「再読み込み」してください。Cookie が受け付けられる設定であれば、このメッセージはあらわれなくなります。

かごの中は空です。